生活に支障が出ることもあるトイレのつまり

生活に支障が出ることもあるトイレのつまり たくさんある水のトラブルの中でも、トイレのつまりは特に緊急性の高い問題です。急にトイレにトラブルが発生すると、自分達の生活のリズムが壊れてしまうだけではなく、水が溢れ出していた場合、周囲を汚してしまう可能性もあります。溢れる水の質に問題があるだけに、大きな被害となるケースも珍しくありません。このような異常な状態が長引いてしまうと、問題に対処するために大きな労力を費やすことになってしまいます。
本当につまったのか、操作が不十分だったのか判断できない場合もありますが、いつもとは違う状態だと確認できたら、すぐに修理して正常に使える状態にする必要があります。特別な注意をするわけでもなく、毎日使っている設備ですが、正しい使い方を守り、何も問題がない状態であると確認することが大切です。

■トイレのつまりとは

レバーを操作しても便器内の水が流れないという以外にも、部品の隙間から水が漏れるなどの症状が現れることがあります。異物が水の流れを妨ぐために、つまりを発生させてしまうというのがほとんどの原因です。さらに、部品が古くなって十分に性能を発揮できなくなったりすることでも、つまりを起こすので気を付けなくてはなりません。
他にも、つまる原因はたくさんあります。簡単に状況を確認できない場合あるので、自分の手には負えないと感じた時は、専門の業者に依頼するのが適切です。夜も休まず営業している業者も存在しますので、トラブルが発生した時には連絡すればすぐに駆けつけて、作業してもらえます。問題が起こる前から、優良業者を探して連絡先を控えておけば、もしもの時でも慌てずに落ち着いて対応ができるでしょう。

■自分で解決できる場合もある
業者に対応してもらうのが確実ではあるものの、状況によっては自分トイレのつまりを解決できることもあります。とにかく早く治したいので、すぐに業者に来てもらいたい人もいるでしょうが、業者に依頼するにしても、現在の状況を説明する必要がありますから、まず状態を詳しく観察することが大切です。
便器内に水が溜まっている状態でも、少しずつ水が減っているようであれば、完全にはつまっていませんから、僅かな隙間を利用して、つまりを治せる可能性があります。トイレットペーパーがつまりの原因となっている場合も、比較的直しやすいです。トイレットペーパーは、水に溶けるように製造されていますのから、大量に流すなどしてつまっていても、簡単に直せることがあります。

■何もしないでいるとどうなるか

修理せずに使い続けると、つまりのある個所にさらに異物がつまって行き、状態が悪化して修理するのが困難な状況になってしまいます。トイレに使われている部品にも過度の負担が掛かってしまい、修理しなくてはならない箇所が増えてしまいますので、注意しなくてはなりません。
異物が少しつまった程度のつまりであれば、自分で治すことも可能なこともありますが、状態が悪化して、便器の水が逆流して溢れるようになってしまうと、大きな問題となってしまいます。集合住宅やビルなどの場合は、他の住人や利用者にも迷惑を掛けてしまいますので、動作がおかしいと感じた時は、すぐに対処することが大切です。

■まとめ
毎日何気なく使っているトイレですが、問題なく使うことができないと、大きく障害が生じる重要な設備です。壊れにくい構造で品質も確かなもの多いため、長期間使用することができますが、トラブルは突然やってくるので注意を要します。トラブルが起きた時に冷静に対処できるように、普段から正しい使い方やもしもの時の対応方法などを、考えておくことが重要です。トラブルが起きてから、情報を探そうとしても、慌ててしまい本当に役立つ情報を見付けるのが難しくなってしまいます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース